新しく遺跡が発掘されました。

17日長野県は飯田市竹佐の竹佐中原遺跡で、後期旧石器時代(3万−1万5000年前)よりも以前の県内最古級という石器群が出土したと、県埋蔵文化財センターから発表されました。
同遺跡では2001年にも石器群が発掘されているのですが、今回発掘された遺跡も同時期のものとみられています。

発見された石器は46点でこの多くが地表に出ている状態で見つかったそうで、合計でこれで合計100点以上の石器が発見されたことになりました。


こうやって昔の人たちの生活が次々と発見されるニュースを見るたびに私たちもこのように発掘されるときがやってくるんだろうと思います。そのときの人類に恥ずかしくないような生活を続けていきたいですね〜。

例えば、この時代の人たちが地球を汚したおかげで我々は住めなくなり他の星に移住しなくてはいけなくなったんだ。というように言われないためにもちゃんとするぞー!!!
恥ずかしいですからね。

マチュピチュの遺跡、ナスカの地上絵などの高度な文明が栄えていたと今の人が驚くように未来の人類にこんな偉大な人がいたのかと知ってもらいたーい!!
posted by yoshi at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。